環境報告

環境マネジメント

環境保全への基本姿勢

新明和グル-プは、企業の持続的成長と持続可能な社会に貢献する「価値共創カンパニー」として、事業活動を通じて「環境問題」の社会課題解決に取り組みます。

環境マネジメント体制

環境マネジメント推進委員会

事業を通じた社会課題の解決と並行して、省エネルギーや廃棄物削減等の環境負荷低減に特化した課題を統括する『環境マネジメント推進委員会』を組織し、新明和グループに共通する統括課題の取り組みを推進しています。

《環境マネジメント体制図》

環境マネジメントシステム

新明和グループは環境マネジメントシステム(EMS)に関する国際規格:ISO14001の取得を推進し、これに基づいた運用で、環境保全の継続的改善を図っています。

事業部・グループ会社 認証取得形態等 認証取得年月 認証登録番号 認証機関
流体事業部 小野工場+一部グループ会社含む 1998年6月 YKA0771888 LRQA
航空機事業部 甲南地区という総称で、甲南工場および分工場で組織構成 1999年12月 EC99J1143 JACO
特装車事業部 特装車セグメントという総称で、佐野工場、寒川工場、広島工場および1区処グループ会社で組織構成 1999年12月 EC99J1150 JACO
  • 認証機関の略称:LRQA=ロイドレジスター・クオリティ・アシュアランス、JACO=株式会社日本環境認証機構

ISO14001等の認証を取得する事業所単位の目標設定と、マネジメントのしくみに基づく活動を、事業所単位で推進すると共に、省エネルギーや廃棄物削減等、全社に共通するテーマを本委員会を通じて情報共有し、目標設定、および先行管理により目標達成を目指すと共に、社会的責任を果たす統治体制を組織しています。

環境測定/分析

事業所ごとに環境測定/分析を行い、事業活動が与える環境への影響を把握し、環境汚染を未然に防ぐとともに、継続的に環境負荷の低減に努めています。

敷地境界での騒音測定

敷地境界での騒音測定

雨水放流口での水質分析用の採水

雨水放流口での水質分析用の採水

環境汚染防止/緊急時対策

事業所ごとに環境汚染のリスク評価を行い、結果に応じた環境汚染防止ヘの取り組みと、緊急時を想定した訓練を定期的に実施しています。

緊急時対応常備品(保管容器から取り出した所)

緊急時対応常備品(保管容器から取り出した所)

廃油漏洩を想定した緊急時訓練)

廃油漏洩を想定した緊急時訓練

廃油漏洩を想定した緊急時訓練

廃油漏洩を想定した緊急時訓練