守ること - 安心と快適を支えるために

お客様と信頼関係を築いて、最適なソリューションの提供につなげる

お客様と信頼関係を築いて、最適なソリューションの提供につなげる

新明和アクアテクサービス株式会社
サービス本部 北関東センター

(流体関連製品の保守・修理・据付)
笹木さんSasaki

新明和アクアテクサービス株式会社 笹木さん
新明和アクアテクサービス株式会社 笹木さん

お客様と信頼関係を築いて、最適なソリューションの提供につなげる

新明和アクアテクサービス株式会社
サービス本部 北関東センター
(流体関連製品の保守・修理・据付)

笹木さんSasaki

 「入社以来、マンホールポンプの保守・点検を担当しています。」と話す笹木さん。その業務は、担当地域の現場に定期的に出向いて、水中ポンプなどの機器に異音が発生していないか、外観に亀裂がないかなど、隅々まで不具合がないかを確認するだけではなく、時には、点検時の状況から、最適な点検内容や時期を先方に提案することもあります。

 笹木さんは、次に挙げる二点について、特に心掛けているそうです。まず、一点目として、新明和製の流体製品を使ってくださるお客様と、より強固な信頼関係を築くこと。「打ち合わせの際は明るく楽しい雰囲気で雑談を交えながら、親身に話に耳を傾けることで、先方のニーズや課題を見つけられるよう意識しています」。そこから得た情報をもとに新たな提案を行うことで、さらに信頼関係が深まるそうです。二点目は、”段取り7割、作業3割“という仕事の割合。作業に取り掛かる前に、当日の作業内容や段取りを確認し、必要な部品を確実にそろえておくなど、事前準備を重点的に行います。「事前にしっかりと準備しておくと、保守・点検作業がスムーズに進み、気持ちにも余裕が生まれて確かな品質でサービスを提供でき、災害防止にもつながります」。

 お客様との関係性を最も大切にする笹木さんが「やりがい」を感じるのは、お客さまから感謝の言葉をいただいたとき。「すでに他社の製品やシステムを使用されているお客様に、より快適にご使用いただくにはどう改善すべきか考え、提案した結果、当社の製品・サービスに置き換えていただけたときは、うれしく思います。また、作業を終えた後に、『笹木くん、次も頼むよ!』と指名されたときは本当にうれしく、やりがいを感じる瞬間です」。

 今後の目標について尋ねると、「『豊富な知識とそれを実務に生かせる行動力とアイデアを持っている』と自身が尊敬する先輩に追いつき、追い越すこと」が第一の目標、とのこと。「業務に必要な知識を身に付け、技能の向上にも継続して取り組み、誰にも負けない自分の強みを一つでも多くつくりたいと思います」。次に、今春後輩ができたことから、「分かりやすく的確に指導するにはどうすればよいか、苦労しています。指導力を身に付けるためにも、しっかり勉強したいと思います」と話す笹木さん。志を高く持ち、日々、自己研鑽に務める姿に、若手にも納入時の品質を“常に維持する”精神が受け継がれていくことでしょう。