受け継ぐこと - 匠の技と心意気

失敗を糧にする心意気

失敗を糧にする心意気

航空機事業部 機体製造部
浅雄さんASAO

航空機事業部 機体製造部 浅雄

失敗を糧にする心意気

航空機事業部 機体製造部
浅雄さんASAO

 「P-3C(対潜哨戒機)」や「US-2」と、担当する製品は変わっても、浅雄さんは組立一筋30年以上。

 組立作業は、主に部品に穴をあけ、ボルトで固定するというとてもシンプルな工程から成るが、若かりしころの浅雄さんは、どうしても先輩方のように正確に仕上がらない。「技を盗もうと先輩たちをまねしてみても、失敗の連続でした」。だが、「やり方を聞いても先輩たちはヒントをくれるだけで、正解は教えてくれませんでした」。失敗して途方に暮れながらも考え抜き、ひたすらに機体と向き合った。結果、「どこを、どうすれば、どうなるのか、次第に分かるようになりました」。

 「温度や湿度といった外部の環境によって微妙に変わる機体の状態を見極め、わずかなズレを調整しながら組み立てなければなりません」。いくら経験を重ねても、自分の想定と違う結果になってしまうこともある。「これが面白いところ。夢に出てくるくらい考えますよ」。長い時間、手塩にかけて組み立て上げた機体が完成し、無事に飛び立つ瞬間は、「まるで我が子が巣立っていくような気持ち」と、達成感を噛みしめる。 

 現在は、飛行艇の新たな機体を製造する傍ら、若手技能者の育成も担う。モノづくりのテクノロジー化が進んでも、水上と陸上の両方で離着する飛行艇は、機体の構造の特殊さから、作業を完全に機械化することが難しい上、外部の環境にも左右される。「これら全てをマニュアル化するのは不可能」と、技能伝承の重要性を身に染みて感じている。ただ、手取り足取り教えるのではなく、「自ら考えさせることを心掛けています」。自身の若いころと比べて「今の若手は何事にも積極的」という。「その姿勢を生かして、失敗を恐れず、まずは挑戦してほしいですね。その経験を学びの機会につなげるのが自分の役割です」と浅雄さんは話す。失敗から学び、腕を磨いてきた、かつての自身の姿と重ねながら後輩たちの成長と、航空機の未来を見守っている。

仕事の相棒

クリコプライヤー(右)、リベットガン(中央)、ドリル(左)

穴をあけるドリル、空気でアルミ製の板をつぶすリベットガン、リベットを仮止めするクリコプライヤー。どれも組み立ての必需品だが、中でもリベットガンは「先輩が使っていたものを引き継ぎ、メンテナンスしながら今も使用している」特別な相棒。長年使い込まれ、「まるで身体の一部のよう」だという。

仕事の相棒
匠の横顔

匠の横顔

 目標は「浅雄さんのような匠」と声を揃える橋口さん(左)と辻さん(右)は、浅雄さんとともに組立作業に携わる。「浅雄さんは、常に周囲に目を配っていて、うまくできずに悩んでいると、何気なく声を掛けてくれるので、安心して業務に取り組むことができます」(橋口さん)。「一つ一つのアドバイスが的確で、しかも分かりやすいので、とても勉強になりますし、次のステップにつながります」(辻さん)。そんな彼らに、浅雄さんは「着実に技能を身につけている頼もしい若手」と笑いかける。和気あいあいとした職場環境、いきいきと働く彼らの様子から、失敗を恐れず挑んでほしいという匠の思いがしっかりと後進の心に根付いているのを感じた。