業界初 冠水対策仕様多段方式駐車設備の販売を開始

頻発する水害から駐車車両を守り、復旧時間も短縮

新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市、取締役社長 五十川龍之)は、このたび、スペース創造型パーキングシステム「ループパーク®」のラインアップに「冠水対策仕様」を追加し、2021年2月1日から販売を開始致します。
機械式駐車設備は、国内で累計約58万基が設置されていますが、今般当社が開発した「冠水対策仕様」は、多段方式機械式駐車設備では国内初となる冠水対策を織り込んだ仕様で、車両を接地面から2メートル以上の高さに常時駐車する構造を採用したことで、海抜の低い地域であっても、従来型と比べて冠水被害を抑制できる点が特長です。あわせて、通常接地面周辺に設置する制御盤を高所に移設するとともに、スイッチ類も防水性能の高い機器を採用するなど、全般的に冠水対策を施しました。 また、通常の運転盤に加えて、予備機を併設したことで、従来型と比べて、冠水状態解除後、速やかに復旧できる構造としました。

冠水対策仕様「ループパーク®」(イメージ)

近年、国内各地で台風や記録的豪雨による水害が頻発しており、河川の増水などによる冠水被害も増加しています。国立環境研究所が提供する気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)によると、全国の市区町村の9割以上にあたる1692市区町村で、この10年間に1回以上の⽔害が発⽣しており、自然災害における被害を最小限に抑える諸対策の実施が望まれる状況にあります。

当社では、「安心な社会と快適な暮らしを支え続け、人々の幸せに貢献する」ことを経営理念として掲げており、パーキングシステム事業部では、これまでも「お客様の車(財産)」を守る観点と、地震対策など自然災害対応を重視した設計思想で製品開発を行ってまいりました。今後は、今般の「冠水対策仕様」を他機種にも展開するなど、災害被害軽減に向けた取り組みも継続的に行ってまいります。

1. 製品の特長

地上2メートル以上に車両を格納する「出入口独立型『ループパーク®』」の特長を生かし、接地面に対して2メートルの冠水まで車両(財産)を守り、万一冠水被害が生じた場合も、構造の見直しや機器類の防水性の向上などにより短時間での復旧が可能に。

出入口独立型「ループパーク®」

(1)車両の冠水防止

  • ゲート閉動作後、入庫した車を上昇させる動作を加えることで、常時地上から2メートル以上の高さに駐車する仕様を採用

(2)駐車装置の重大な被害防止

  • 最も水に弱い制御盤を地上2メートル以上の高さに設置
  • センサー、リミットスイッチ類は防水性の高い機器を採用

(3)素早い復旧

  • 冠水状態解除後、保守員の目視による安全確認とともに操作を行える「緊急対応モード」を搭載
  • 運転盤は、通常操作用に加えて保守操作用としても使える予備盤を2メートル以上の高さに追加設置

2. 主要販売先

デベロッパー、ゼネコン等

3. 販売開始日

2021年2月1日
※受注から現地着工までの期間は約1年

4.価格

35百万円(税別)
大型ハイルーフ車11台収容タイプを1基設置した場合の標準価格

5. 目標販売基数

初年度(2021年度)10基

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

〒665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社 経営企画本部 広報・IR部
TEL:0798-56-5002
E-mail:pr@shinmaywa.co.jp
URL:https://www.shinmaywa.co.jp/

製品に関するお問い合わせ先

〒110-0005
東京都台東区上野7-12-14
新明和工業株式会社 パーキングシステム事業部
営業本部 パーキング営業部
TEL:03-3842-6101
E-mail:parking@shinmaywa.co.jp
URL:https://www.shinmaywa.co.jp/parking/