民間航空機

当社が民間航空機の開発に初めて参画した国産旅客機YS-11の経験をもとに、ボーイング社ボーイング767開発プロジェクト、ガルフストリーム社ガルフストリームⅢをはじめ、様々な民間機プログラムに参画してまいりました。当社の高い金属・複合材加工技術と品質が評価され、特に「強く」て「軽い」を追求した複合材料加工技術開発で主要な役割を果たし、各社航空機メーカーから厚い信頼を得ています。
このような実績から現在ではボーイング社・エアバス社の大型・中型機をはじめ、エンブラエル社のリージョナルジェット、ガルフストリーム社・ボンバルディア社のビジネスジェットに至るまで幅広いコンポーネントを量産しております。

当社はこれからも「すぐれた製品・サービスの提供と経営品質の維持・向上を通じて社会的責任を果たす」ことを使命とし、お客さまの信頼に応える製品を提供するとともに、革新的な独自技術を更に発展させ、世界の航空機産業の一端を担ってまいります。

主な製品事例

ボーイング社 中型航空機 787(ドリームライナー)向け 主翼スパー

  • 製品について

ボーイング787(ドリームライナー)開発プロジェクトでは、三菱重工業株式会社殿のご協力のもと、主翼スパー(桁)の開発を当社が担い、複合材料を主体とし、チタン合金およびアルミ合金製の大型金属部品を取り付けた主翼スパーを量産しております。
このコンポーネントは、主に炭素繊維とエポキシ樹脂を組み合わせた複合材料を使用しており、その加工技術はボーイング社より高く評価されています。

  • お客様からの評価

品質・納期遵守・コストにおけるパフォーマンスや納入後のカスタマーサービス等においてもボーイング社より特に高く評価されております。2014年・2015年には約13,000社の中からボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー「主要構造 (Major Structures)」部門で2年連続受賞いたしました。※1
二次サプライヤーとして大掛かりな品質向上計画の構築と実施、高品質の製品を提供することでボーイング787の月産14機体制を支え、世界でも数社に限られる2年連続受賞という快挙を成し遂げました。

  • CSR活動

中部国際空港セントレアにおけるボーイング787初号機の展示をメインとした新複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ (FLIGHT OF DREAMS)」 にも協賛し、スポンサーとして人びとの航空機への関心を喚起し、次世代を担う人材育成、日本の航空機産業にも貢献しております。※2

ボーイング社 中型航空機 787(ドリームライナー)向け 主翼スパー

ボーイング社 中型航空機 787(ドリームライナー)

ボーイング社 次世代大型航空機 777X 向け 翼胴フェアリング

  • 当社初のボーイング一次サプライヤーとしての取り組み

当社は現在就航している全ての777向けに翼胴フェアリング(主翼・胴体結合部の整形覆い)を製造しており、その実績が評価され777Xプログラムでは初めてボーイング社の一次サプライヤーに認定されました。
これを受け、新たに播磨分工場(兵庫県小野市)を生産拠点に加え、金属部品の加工は播磨分工場で、複合材料の加工は甲南工場(兵庫県神戸市)で分担製造した後、宝塚分工場(兵庫県宝塚市)にてこれらを集約して最終組み立てを行うことで、さらなる品質および生産性の向上、並びに生産能力の拡大を図っております。

  • 製品について

777Xプログラムにおいて2014年より国際共同開発事業に参画し、新設計となる中・後部翼胴フェアリングの開発・量産に携わりました。
このコンポーネントは、主に炭素繊維とガラス繊維の複合材料を主体に構成されています。2018年4月に初号機を納入し、量産を行なっております。

翼胴フェアリング拡大写真(当社担当部位は青色箇所)

ボーイング社 次世代大型航空機 ボーイング777X

エアバス社 A380 向け 主翼フィレットフェアリング

  • 製品について

当社は、2002年の10月にエアバス社の超大型機A380開発プログラムに参画し、同機のフィレットフェアリング(主翼前縁と胴体間の整形覆い)およびランプサーフェスパネル(主翼前縁整形覆い)の開発・製造を担当しています。
納めた製品は、いずれも高い評価を得、2004年には、A330/340の生産プログラムについても参画し、フィレットフェアリングを納入しています。

エアバス社 A380向け 主翼フィレットフェアリング

エアバス社A380

エアバス社 A330neo 向け 主翼フィレットフェアリング

  • 製品について

当社は現在就航しているA330ceo/A380向けに主翼フィレットフェアリング(主翼全縁と胴体間の整形覆い)を一次サプライヤーとして製造しており、その実績が評価され、エアバス社一次サプライヤーとして2015年よりA330neo開発プログラムに参画し、量産を行なっております。
このコンポーネントは、主に炭素繊維を主体としたフィレットフェアリングであり、納入した製品はいずれも高い評価を得ております。

エアバス社 A330neo 向け 主翼フィレットフェアリング

エアバス社 A330neo