固定翼型無人航空機"XU-S" 佐渡空港における電波伝搬特性試験で飛行

新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市、取締役社長 五十川 龍之)は、2021年10月5日(火)と7日(木)の2日間、国立大学法人 長岡技術科学大学(以下、長岡技術科学大学)の要請を受け、当社が製作した固定翼型無人航空機 "XU-S (Experimental Unmanned / Utility aircraft by ShinMaywa)" を用いた電波伝搬特性試験に参画しました。佐渡空港において、長岡技術科学大学と共に電波伝搬特性試験を行うのは、昨年に続き今回で2回目となります。

飛行中の固定翼型無人航空機"XU-S"

飛行中の固定翼型無人航空機"XU-S"

今般の試験は、昨年10月の実施時と同様、長岡技術科学大学が取り組む総務省からの委託研究(SCOPE)の一環です。前回は、"XU-S"を長岡技術科学大学に貸与する形で試験を行いましたが、今般は、同大学からの委託により、当社がエンジニアリング・ビジネスの一環として"XU-S"を用いた飛行行為を請け負う形で参画しました。
試験は、佐渡空港から離陸して加茂湖上空を周回し、今回は昨年同様の飛行経路に加え、新たに丘陵を越えた位置での周回飛行も行い、高度や障害物(=丘陵)の有無によって電波伝搬の特性がどのように変化するかを測定しました。また、同時に加茂湖上空から撮影した映像も提供しました。

"XU-S"から撮影した映像のキャプチャ"XU-S"から撮影した映像のキャプチャ

"XU-S" は、排気ガスを生じないLiPo(リチウムイオンポリマー)電池を動力源とし、長時間の滞空能力を有する点が特長の無人航空機で、広範囲かつ高度領域での観測飛行が可能です。今般も、障害物の影響で電波が途切れる場面がありましたが、自律制御による安定した飛行を維持するとともに、高低差のある領域・経路においても信頼性の高い飛行を続け、有用なデータの取得に成功しました。

当社は、今後も観測・監視・通信などの幅広い分野において、無人航空機の利活用を目指してまいります。

◆ 実験に用いた固定翼型無人飛行機 "XU-S" の概要

サイズ 全長2.5m、全幅6.0m、全高 0.4m
自重(電池含む) 10kg
主な材料 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)
操縦系統 無線操縦系統、自律操縦系統
推進系統 電動・プロペラ・双発


本件に関するお問い合わせ先:

報道機関からのお問い合わせ先

〒665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社 経営企画本部 広報・IR部
TEL:0798-56-5002
E-mail:pr@shinmaywa.co.jp


製品に関するお問い合わせ先

〒658-0027
兵庫県神戸市東灘区青木1-1-1
新明和工業株式会社 航空機事業部 技術部
TEL:078-412-9151(航空機事業部 代表番号)
E-mail:info.uav@shinmaywa.co.jp

以上