このページの本文へ移動
  • ホーム
  • お問い合わせ
  • 新明和工業株式会社
  • グループ一覧
東邦車輛株式会社
文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • サイトマップ

スマートウイング®(セミ・フルトレーラ仕様)

The 45th TOKYO MOTER SHOW 2017(参考出品車)
ドライバー不足時代と戦いながら、高効率化を求める。それが東邦車輛の提案です。

フルトレーラ時

フルトレーラではトラクタヘッドと合わせて、拠点間での大量輸送が可能。輸送回数削減により、近年のドライバー不足解消、燃料等の経費節減、CO2削減に貢献します。

セミトレーラ時

ドリーを取り外しトラクターと連結すると、セミトレーラとしてご使用出来ます。連結全長12m以内の場合は通行認定不要のフリー走行が可能です。

輸送の効率化イメージ

拠点からの輸送はセミトレーラとトラックに分割し、それぞれ別の目的地へ輸送ができ、輸送方法の選択技が広がります。

外観四面図


フルトレーラ(ドリータイプ)

一般貨物向けの煽付きフルトレーラやウイングボディ仕様などをラインアップしています。

フルトレーラ3軸

※写真はFF22D8D3S1型 平床タイプ


フルトレーラ3軸

※写真はFF22D8D3S1型 平床煽付きタイプ


フルトレーラ・コンテナ

※写真はFC12B8D2型 鉄道コンテナ1個積載仕様車


フルトレーラ・コンテナ

※写真はFF20E7D2型 鉄道コンテナ2個積載仕様車

外観三面図


フルトレーラ(センターアクスルタイプ)

ドリータイプよりも荷台長を長く設定でき、バック運転が比較的容易なセンターアクスル式フルトレーラもあります。

※写真はFC19A3N2S型 鉄道コンテナ2個積載センターアクスル・フルトレーラ

※写真はFF19A3N2S型 煽付きセンターアクスル・フルトレーラ

※写真はFF19A3N2S型 ウイングボディ架装センターアクスル・フルトレーラ