「かくのうゲートⅡ」を発売

- 床下格納型テールゲートリフタに油圧チルト(傾斜)機能を追加 -

新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市、取締役社長 五十川龍之)は、床下格納型テールゲートリフタにおいて、油圧装置を使い、任意の位置でプラットホームのチルト動作ができる新モデル「かくのうゲートⅡ」を開発し、6月1日に発売します。

荷物を積み込む配送センターの床面と車両の床面との高さが異なる場所で荷役作業を行う場合、プラットホームを昇降させず、プラットホームをチルトさせることで道板として使用するケースがあります。そのような場合に安全、かつ、効率的な荷役を行うことができるモデルとなります。

テールゲートリフタの国内トップメーカーである当社は、性能、品質のさらなる向上、および市場ニーズに適した商品ラインアップを図り、お客様にとってより価値のある商品の提供に努めてまいります。

img_22-06-01.png「かくのうゲートⅡ」(左)            油圧チルト機能(右)

1.特長


(1) リフト装置を動かさずにボデーリヤ扉の開閉が可能

床下格納型テールゲートリフタのため、リフト装置を動かさずにリヤ扉の開閉が可能です。
また、リフト装置はボデーリヤ扉より後方へ突出していないため、リフト装置を床下に格納したまま配送センターのドックに車両をピッタリとつけることができます。

(2) 床下格納型テールゲートリフタに油圧チルト機能を追加

2枚のプラットホームを連結し、任意の位置でのプラットホームの油圧チルト操作を可能とし、安全性の向上と荷役作業の効率化を図ります。

(3) プラットホームの自動水平機構を採用

任意の位置での油圧チルト操作時にプラットホームが水平位置で一度停止する機能を設け、より安全な荷役作業が行えます。

(4) 格納時のプラットホームの水平動作を自動化

当社独自の技術により床下格納時にプラットホームの傾きを補正して水平にする動作を自動化し、スムーズな格納動作が行えます。

(5) 幅広い適用車種

4トン車級から10トン車級まで幅広い車両への架装対応ができます。

(6) ラジコンの標準採用

3ボタン式の無線ラジコンを標準採用し、昇降、傾斜、格納・引出し操作が簡単に行えます。

2.主要諸元

製品名称 かくのうゲートⅡ
架装型式 RAT10-6405D RAT10-6406D
適用車種 4トン~7トン車級 6トン~10トン車級
適用床面高さ 910~1,270mm 1,000~1,500mm
適用桁組み高さ 360~560mm 450~750mm
リヤオーバーハング 2,490mm以上 2,740mm以上
プラットホーム構成 2枚折れ
プラットホーム長 1,525mm
キャスタストッパ有効長 1,395mm

3.販売開始時期

2022年6月1日

4.販売目標

20台(2022年度)

5.主な用途

重量物運搬、荷役作業

本件に関するお問い合わせ先

【マスコミからのお問い合わせ先】

〒665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社 経営企画本部 広報部
TEL:0798-56-5002
E-mail:pr@shinmaywa.co.jp

【製品に関するお問い合わせ先】

特装車事業部「支店・営業所一覧」:https://www.shinmaywa.co.jp/truck/network/index.html
「特装車製品ウェブサイト」:https://www.shinmaywa.co.jp/truck/

以上