リニューアル(改修・入替え)

安全性

何よりも最優先される安全性の確保のために駐車場の2重3重の安全策をご提案します。

①非常停止ボタン

②カメラ

③感震装置

④マットスイッチ / 人検知光電センサ

⑤パッシブセンサ

⑥場内確認用モニタ

カメラ・モニタ

4箇所に設置されたカメラにより、一定時間場内の状態をモニタに映し出します。

設置例

モニタ

センサ・スイッチ

各センサ・スイッチにより場内の有人を検知します。

マットスイッチ / 人検知光電センサ

パッシブセンサ(赤外線センサ)

各装置は場内にいる人を完全に検知するものではありません。運転の際は「目視による最終の無人確認」が必要です。

非常停止ボタン

万が一場内に閉じ込められた際の非常停止ボタンを各地に設置しています。

非常停止ボタン

場内各所に設置

感震装置

震度5弱以上の地震が発生した場合、駐車場を操作するのは大変、危険です。

感震装置

  • 車両が台車からはみ出し、機械と接触している可能性があります
  • 操作することで被害が拡大する可能性があります
  • 感震装置は震度5弱以上を検出した場合、電源を遮断します
  • 弊社サービス員が場内の確認にお伺いします

地震発生時の弊社対応

地震対応総合管理システム(SPEQS)により発生地域の対象駐車場を抽出し情報を収集。同時に緊急対策本部を設置し、品質保証や設計などの関連部署を含むメンテナンスマンの招集や、現地調査員の派遣、部品供給、復旧工事の手配など、自社ネットワークを活かし、全国から救援サポートします。