大阪国際空港に新型航空旅客搭乗橋(フルフラットタイプ)初号機を納入

新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市、取締役社長:五十川 龍之)は、この度、大阪国際空港に新型航空旅客搭乗橋「フルフラットタイプ」の初号機を納入しました。

フルフラットタイプ 航空旅客搭乗橋 (大阪国際空港)

航空旅客搭乗橋「フルフラットタイプ」 初号機

「フルフラットタイプ」は、バリアフリー対策を施した航空旅客搭乗橋で、「入れ子」になっているトンネル間の段差やトンネル内の床両側のガーター(溝)をなくし、車いすによる通行も、安全で快適に利用できる平らな床を実現したものです。

今回納入した航空旅客搭乗橋は、同空港初となるバリアフリーの開放感あるガラストンネルタイプで、このたび新設された4Aスポットに5月末に据付が完了しました。
当社では、関西エアポート株式会社から、大阪国際空港および関西国際空港向けに、合計100基の航空旅客搭乗橋とそのメンテナンス業務を一括受注しており、今回の納入がその第一号となります。大阪国際空港向けでは、2023年9月までに同機種の航空旅客搭乗橋を30基納める予定です。

当社では、今後も、航空旅客搭乗橋の更なるシェア拡大を目指し、常に安全性・操作性・快適性を志向した製品開発に努めてまいります。

1.新型「フルフラットタイプ」の特長


ユニバーサルデザインの採用で、快適かつ安全な歩行空間を提供 

フルフラットタイプ 航空旅客搭乗橋 (トンネルの中から)

① 従来、一枚板で形成していた各トンネルの床の材料を変更し、新たに独自構造を開発。これにより、伸縮時のトンネル間の段差をなくしたことで、トンネル内の床が"フルフラット"になり、従来必要とされた渡し板によるスロープも不要に。

② これまで各トンネルの床の両側に設置していたトンネル内のガーター(溝)をなくし、より安全で広い歩行路を確保。



ガラストンネルモデル・フルフラットタイプ 初号機仕様
型式 ATFG3-300RB
最伸長 30.0m
最縮長 18.7m
キャブ回転 左90度、右30度
キャブ床高 (最も高いとき) 5.5m
(最も低いとき) 2.0m
材質 ガラス+鋼

 

2.受注概要

事業名: KIX and ITM Airports PBB Replacement Project
発注者: 関西エアポート株式会社

受注内容:
空港名 仕様 基数 工事期間
大阪国際空港 ガラストンネルモデル
・フルフラットタイプ
30基
(新設1基、更新29基)
2018年2月~2023年9月
関西国際空港 ガラストンネルモデル
・標準タイプ
70基(更新70基) 2020年7月~2023年12月


関連サイト:
航空旅客搭乗橋

関連ニュース:
大阪国際空港・関西国際空港向け航空旅客搭乗橋を100基受注



本件に関するお問い合わせ先

【製品に関するお問い合わせ先】

〒110-8620
東京都台東区上野5-16-5
新明和工業株式会社 パーキングシステム事業部
空港施設部
TEL:03-3843-3410

【本リリースに関するお問い合わせ先】

〒665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社 社長室 秘書・広報グループ
TEL:0798-56-5002

以上