社会性報告

地域・社会活動

社会・地域の一員として、地域社会活動にも積極的に参加しています。

(財)川西記念新明和教育財団

本財団は、1992年に当社の元役員である川西甫氏が中心となり設立した教育助成機関です。
同財団設立には当社も参画しており、継続して寄付を行っています。

川西記念新明和教育財団の概要

所在地
兵庫県宝塚市新明和町1番1号
設立
1992年9月22日[兵庫県教育委員会の許可取得日]
事業内容
  1. 兵庫県内の大学または大学院にアジア諸国等から私費留学している者に対する奨学金の支給と情報の提供
  2. 兵庫県内の大学で行われる科学技術の研究などに対する助成金の支給
事業実績
(2016年度)
  1. 奨学金支給対象者数: 5名(累計 122名)
  2. 研究助成金対象件数: 6件(累計 102件)

JICA主催「廃棄物管理能力向上」研修に協力

新明和グループではCSR経営方針に基づき、事業活動を通じて広く社会に貢献することを目指しており、2011年度からJICA(独立行政法人 国際協力機構)主催の「廃棄物管理能力向上」研修に協力しています。
この研修はJICAから事業受託したNPO法人「こども環境活動支援協会(LEAF)※1」が、太平洋やアジア、中南米地域などを対象に、廃棄物関係の政府および自治体職員の行政能力向上を目的に実施しているものです。塵芥車(ごみ収集車)のリーディングカンパニーであるとともに、効率的なごみ処理・リサイクル設備の提案を通して、収集から資源化に至るまで資源循環型社会の実現を志す当社は、塵芥車の操作方法や保守点検に関する講習のほか、循環型社会形成への当社の取組みをテーマにした講習を担当しています。

2016年6月23日 講習会での記念撮影

2016年6月23日 講習会での記念撮影

2016年9月5日 講習会での記念撮影

2016年9月5日 講習会での記念撮影

2016年11月7日 講習会での記念撮影

2016年11月7日 講習会での記念撮影

2016年11月9日 講習会での記念撮影

2016年11月9日 講習会での記念撮影

JICA「廃棄物管理能力向上」研修 受入れ実績

年月日 受入れ国 人数
2016年6月23日 【大洋州6カ国】フィジー、ミクロネシア、パラオ、パプアニューギニア、ソロモン、バヌアツ 9
2016年9月5日 【アフリカ等7カ国】エジプト、ケニア、ナイジェリア、ベリーズ、メキシコ、パレスチナ、セルビア 10
2016年11月7日、9日 【アジア4カ国】バングラデシュ、ラオス、スリランカ、ベトナム 9
2017年2月20日 【中南米5カ国】アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ペルー、ベネズエラ 11
  • NPO法人こども環境活動支援協会(LEAF)
    兵庫県西宮市に拠点を置き、子供達の環境学習支援を行うNPO法人。産官民のパートナーシップに基づく独創的でチャレンジングな取り組みは、県は元より、国や世界レベルで評価され、年々、支援活動内容と対象範囲が拡がっている。当社は、LEAF発足時から主旨に賛同し活動に参画。

環境都市宝塚推進市民会議に参画

宝塚市の産官民による環境保全を目的とした取り組みに賛同し、地域企業の一員として参画しています。

“宝塚市環境フォーラム”環境パネル展の風景

“宝塚市環境フォーラム”環境パネル展の風景

“宝塚市環境フォーラム”環境パネル展の風景

“宝塚市環境フォーラム”環境パネル展の風景

地域清掃活動

当社創立記念日(11月5日)や環境月間(6月)の時期に、事業場周辺の清掃活動を行っています。

地域清掃活動
地域清掃活動

コレクション活動

コレクション活動に取り組み、使用済みや不要になった以下4品目を集め、各種団体・組織に寄付しています。

品目 実績
(2016年度)
寄付先 用途
ベルマーク 10,978.2点 宝塚市立高司小学校 教育設備機器の購入など
使用済みカード 1,285枚 財団法人緑の地球防衛基金 アフリカでの植林活動など
使用済み切手 32,333枚 親切会 発展途上国の医療品購入代金など
外国硬貨 967枚 日本ユニセフ協会 発展途上国の教育支援など