事業報告 製品・サービスの提供

CSR調達

新明和グループは、ビジネスパートナーである取引先との連携を密にし、公正、健全な環境の中で共に発展することを目指します。

CSR調達方針

1. パートナーシップ

すべての取引先とのより良いパートナーシップをもとに相互理解を深め、信頼関係を大切にします。

2. オープンドア

国内・国外を問わず、自由な競争原理に立った最善のお取り引きを行います。

3. 公平な取引関係の維持

すべての取引先と常に公平で、公正なお取り引きを行います。

4. 取引先の選定

取引先の選定は、資材の品質・納期・価格、経営の信頼性や技術開発力、環境配慮等の評価と適正な手続きによって行います。

5. 情報の提供、秘密の保持

取引先のご希望には誠実に対応し、取引に必要な情報をお知らせします。同時に、取引先からの有用な情報も求めており、ご提供いただいた営業秘密は厳格に管理し、機密の保持に努めます。

《CSR調達基準》

1. クリーン調達

グローバルな取引先と公平かつ公正な取引を継続するため、クリーン調達のご理解とご賛同をお願いします。

2. 法令・社会規範の順守

事業活動に関わる関係法令および社会規範を順守するようお願いします。

3. 競争力のある価格と要求を満たす納期・品質、安全性の確保

お客様の満足と信頼を追求するうえで、市場競争力のある価格、安全で優れた品質、確実な納期を確保した商品、サービスの提供をお願いします。

4. 優れた技術力・開発力の向上と維持、安定した経営基盤の構築

製品・サービスを継続的に提供するために、技術力、開発力の向上と安定した経営基盤による安定的供給体制の構築をお願いします。

5. 環境への配慮

環境に配慮した製品づくりを推進するため、取引先には、継続的な環境活動に取り組んでいただきます様お願いします。

6. 人権や労働安全衛生への配慮

取引先には、基本となる人権を尊重し、労働安全衛生に配慮した環境を確保するようお願いします。

新規サプライヤー評価手順

2017年度までの主な活動

1. 「クリーン調達宣言、環境活動等の協力要請」の文書配布に加え、毎年、各事業所の事業方針説明会や調達先の個別訪問の際に、CSR調達、グリーン調達への理解と協力を要請しています。

2. CSRを重視した調達活動の継続推進。

  • 調達の新たな取引基本契約書への更改を推進。
  • 調達業務監査の要領を見直し、グループ会社を含めた調達業務監査の実施とスパイラルアップ。
  • 取引先のCSR調達評価(理解とさらなる取り組み向上)と取引先選定の適正な手続きの推進。
    1. コンプライアンス
    2. 環境、安全・衛生、労働・人権
    3. 情報セキュリティ
  • 経済産業省通達を踏まえた下請等中小企業の取引条件改善への取組みの推進
  • 下請法順守活動の推進(下請法ハンドブック作成と従業員への周知)
  • 建設業法遵守活動の推進(建設業法ハンドブック・ガイド集作成と従業員への周知)
下請法ハンドブック

下請法ハンドブック

建設業法ハンドブック

建設業法ハンドブック

建設業法ガイド集

建設業法ガイド集