事業報告 事業部別メッセージ

パーキングシステム事業部

パーキングシステム事業部長 中野 恭介

パーキングシステム事業部長
中野 恭介

ご利用者に優しい製品・サービスを社会へ

私達は駐車設備と航空旅客搭乗橋の製品・サービスの提供を通じ、社会インフラの充実と発展に貢献し、「人と車の未来をつなぐ駐車場総合メーカー」、「アジアと世界の懸け橋となるNo.1搭乗橋メーカー」を目指します。

車社会と土地が限られた日本の駐車場事情に対応した製品を実現したのが機械式駐車設備でした。都市開発のニーズに応える駐車設備の開発・製造に注力して納入実績を上げるとともに、お客様に安心してご利用いただくため、質の高い保守サービスを提供してきました。またコインパーキングに代表される駐車場運営管理事業にもその領域を広げ、車社会の発展に貢献してきました。

また、空の玄関口である空港ロビーと旅客機の懸け橋となる航空旅客搭乗橋「パックスウェイ®」も提供しています。1969年、羽田空港に「パックスウェイ®」の初号機を納入して以来、国内および東南アジアを中心とした海外の主要空港で1,000基以上の納入実績を誇ります。

これからも質の高い製品・サービスの提供を通じ、お客様に「安全」「安心」と「快適性」を提供するとともに、技術力とサービス力を更に高め、新たなソリューションを提供することで社会インフラの発展に貢献します。

より快適に、より安全にご利用いただける人と車と環境にやさしい機械式駐車設備

これまで難しかったロケーションへの設置を可能にする「Loop Park®(ループパーク)」

「Loop Park®」は出入口の位置や数が自由に選択でき、今まで建物や駐車場の配置が難しかった狭小地(旗竿地等)での駐車場確保が実現できます。出入口の位置を限定することで前面スペースを平面駐車や駐輪場、緑地、建物の一部など多用途に有効活用できます。

タイプとしては2タイプあり「出入口選択型」は収容効率を重視した地上面の出入口位置が選択できるタイプで下部乗入式に加え、地下空間を利用し装置地上高さを押さえた中間乗入式もラインアップ。「出入口独立型」は乗降性を重視し、1階に広い出入口専用スペースを確保したタイプで出入口以外の空間は、バリアフリー駐車場や電気自動車の充電スペースとしても利用可能です。より自由で創造的なレイアウトが可能となっています。

「出入口選択型」

「出入口選択型(中間乗入れ式)」

「出入口独立型」

「出入口独立型」

タワーマンションなどの高層建物に対応する「高層エレパーク®

近年、急増する高層タワーマンションやビル。それに伴い、機械式駐車設備もビル内設置による高層化が求められています。
当社では耐震性・安全性を考え、揺れやすい構造をもつ高層建築物の特性を捉え、地震時の加速度を低減させる特殊ゴムや建物の揺れに追従させる構造の開発により地震時の揺れや振動の影響を最小限に抑える駐車設備を実現しました。地震大国日本を支える高層建築技術の進化と共に、エレパークの高層化技術も日々進化し続けます。

「エレパークプレミア」
「エレパークプレミア」

「エレパークプレミア」
※画像はイメージです。仕様によりデザインや意匠が異なる場合がございます。

また、多様化するお客様のニーズにお応えし、乗降室にホテルのロビーのような美しい空間を施した「ELEPARK Premier®(エレパークプレミア)」をラインアップしました。駐車設備の乗降室がご利用者様を出迎える大切な空間と捉え、建物意匠との調和を図る内装と、フラットな乗入面により、ご利用者様にとって安心で快適な乗降空間を実現しました。

一方、収容車重量2.7t対応など高層マンションで広がる自動車ニーズにも柔軟に対応しています。
さらに、乗降室の安全性向上、電気自動車への充電対応、インターネットを利用したインターホンや、パソコン、携帯電話からの出庫予約など安全性と利便性の大幅な向上を図っています。

ユニバーサルデザインの採用で、快適かつ安全な歩行空間を提供する「パックスウェイ®

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を背景にお客様のニーズに応えるためユニバーサルデザイン化したフルフラットタイプの「パックスウェイ®」を開発しました。特長はトンネル間にあった歩行路の段差と両サイドの雨どいを無くし、車椅子でもより安全で快適にご利用いただけるフラットな床を実現したことです。このフルフラットタイプの「パックスウェイ®」は大阪国際空港や成田国際空港にも採用いただいています。

これからも更なる安全性・快適性と操作性の向上を追求し、お客様とご利用者様のニーズに応える製品を提供します。

パックスウェイ
パックスウェイ

大阪国際空港

ロック装置がなく駐車しやすいコインパーキング「パークネット®

全国の主要都市に設置している「パークネット®」は、運営台数4000台を超え、現在も事業規模を拡大しています。
「パークネット®」は、入出庫がスムーズで、足元が広く乗り降りしやすいロックレス式を採用しており、お使い頂く方々に安心、安全で駐車しやすい駐車場を提供しています。

パークネットはロック板のないロックレス式
パークネット

お客様に喜んでいただける保守サービスを提供

国内における駐車設備並びに航空旅客搭乗橋の安定した稼働を支えているのが、業界屈指の高いメンテナンス技術力・対応力を有する「新明和サービス員」(全国51ヵ所の営業所に自社サービス員を配置)と、365日24時間対応でお客様の様々な問い合わせをお受けする「新明和お客様センタ員」です。

新明和サービス員のビジョン、ミッション

新明和サービス員は、メンテナンス本部が掲げるビジョン、ミッションを果たします。

新明和サービス員のビジョン、ミッション
新明和サービス員
新明和サービス員

お客様対応力を競うCS大会やお客様アンケートをもとにしたサービス品質の更なる向上、技能訓練センタや保守技能競技会によるメンテナンス技術力の更なる向上を通じ、全てのサービス員が、お客様に「新明和が最高!」と喜んでいただけるサービスの提供に日々挑戦しています。
新明和サービス員は、お客様のパートナーとなり、お客様と一緒に進化し続け、時代の変化に迅速対応できるサービスの提供を目指します。

24時間・365日、パーキングの安心をサポート『お客様センタ』
クラウド利用でBCP対応 ≪つながる安心≫

「クラウド型コールセンターシステム」を導入し、2拠点(関東、関西)のデータセンターを利用、また受付窓口を関東・中部・関西に設置することにより、地震・停電・火災などの災害や、それに伴う地域的通信制限にも影響されない受付体制を備えています。

  • 「BCP[Business Continuity Plan]」=事業継続計画
お客様センタ風景

お客様センタ風景

遠隔監視で迅速対応 ≪見守る安心≫

お客様センタでは、遠隔監視システム(MAIN)により24時間パーキングを監視し、もしものトラブル発生時に、サービスエンジニアを急行させる体制を整えています。