事業報告 事業部別メッセージ

流体事業部

流体事業部長 椢原 敬士

流体事業部長
椢原 敬士

すぐれた製品・サービスを社会へ

快適な日常生活を支える下水道。流体事業部は、下水道を中心とした私たちの水まわりの環境改善のため、高品質な水中ポンプや水処理機器の提供から、メンテナンス、更新の提案まで、幅広いお客さまのニーズに対応しています。

また、省エネルギー化、CO2削減に配慮した設計、製品づくりに積極的に取り組み続けることで社会に貢献しています。

高効率・高通過性水中ポンプ「CNWX」

CNWXシリーズは新型ノンクロッグタイプの羽根車を採用した高効率・高通過性水中ポンプです。高いポンプ効率を実現し、省エネルギー化と維持管理費の低減に貢献します。また、通過粒径は口径の100%を有し、吸込み流路を螺旋形状としたことで、高い異物通過性を実現しました。
特に中継ポンプ施設やマンホールポンプ施設で活躍しています。

設備用水中ポンプ「CNX」

「CNX」シリーズは、異物通過径3インチ(76.2mm)以上を確保しながら、高いポンプ効率を兼ね備えた設備用水中ポンプです。「内部冷却式モータ」をラインアップに加え、液質に関係なく長時間安定した気中連続運転を実現しました。
水位が下がっても稼働が可能になったことにより、調整池や貯留管施設など水位変動が緩やかな施設において、据付時に躯体構造を深くするなどの対策が不要となり、イニシャルコストも削減できます。

新型設備用水中ポンプ「CNX」

新型設備用
水中ポンプ「CNX」

立軸槽外型ポンプ(耐水型)「CNT」

近年頻発しているゲリラ豪雨により下水処理施設が浸水し、ポンプが運転不能となる事例が報告されています。施設が浸水した場合、周囲への被害が拡大することから、施設の『耐水化』を中心とした浸水対策が課題となっています。
当社は、水中ポンプで培った技術をベースとした水没しても運転可能な「立軸槽外型ポンプ(耐水型)」の品揃えを拡充しています。また、圧送距離が長い場合、ポンプ停止時にウォータハンマ(水撃作用)が生じ、配管を破損させることがあります。このウォータハンマを軽減するフライホイール付タイプ「CNFT」も提供しています。これにより、降雨時における施設の安定稼働と被害の低減に貢献します。

フライホイール付立軸槽外型ポンプ「CNFT」

フライホイール付
立軸槽外型ポンプ「CNFT」

軽量水中ポンプ「NORUS®(ノーラス)」

浄化槽向けに「強度」と「軽量」を兼ね備えた水中ポンプが必要とされた90年代、ポンプ本体の素材を鋳物から樹脂に替えて軽量化した高機能タイプの水中ポンプ「NORUS®(ノーラス)」を開発したことにより、施工やメンテナンスの負担軽減に貢献しています。

水中ミキサ「SME」

水中ミキサは下水処理水槽の汚泥沈降防止や均一撹拌のために、長時間の稼働が必要で、高い省エネルギー性が求められています。
水中ミキサ「SME」は流体解析により最適な形状を導き出した高効率プロペラと巻線等を最適設計した高効率モータを新開発し、最大40%(従来品比)の省エネルギー性能を実現しました。さらに構造にも様々な工夫を凝らし、高効率化と共に耐久性やメンテナンス性も向上しました。

水中ミキサ「SME」

水中ミキサ「SME」

ターボブロワ「Turbo MAX」

空気軸受(エアフォイルベアリング)と高効率インペラー・高効率モータ(PMSM)の技術の融合により、省エネ・省メンテナンス・低騒音・省スペースを実現した、排水処理向ばっ気ほか様々な用途に使用できるブロワです。排水処理などにかかる電気料金やメンテナンス費用、建設工事費用の削減に貢献します。

ターボブロワ「Turbo MAX」

ターボブロワ「Turbo MAX」

縦型低動力撹拌機「SVM」

近年の下水処理場では、処理水質の向上のために高度処理が推進されています。この高度処理には反応タンク内の撹拌に多くの撹拌機を必要としますが、これら機器の動力やメンテナンスに要する費用の増加が課題となっています。
縦型低動力撹拌機「SVM」は高性能の撹拌翼を備え、駆動装置を地上部に設置することで省エネルギー性と省メンテナンス性を両立し、これらの費用の削減に貢献します。

縦型低動力撹拌機「SVM」

縦型低動力撹拌機「SVM」

万全のサポート体制

グループ会社の新明和アクアテクサービス株式会社が、ポンプおよび水処理関連機器の保守・点検サ-ビス、管理サービスからリニューアルサービス、据付工事分野に至るまで、24時間・365日、万全のアフターサービス体制を構築してサポートしています。全国130箇所に及ぶサ-ビス拠点を設置し、部品供給センターとネットワ-クを構築し、迅速かつきめ細かな対応で、お客さまに信頼される対応に努めています。

東日本テクニカルセンター

東日本テクニカルセンター