事業報告 事業部別メッセージ

航空機事業部

航空機事業部長 深井 浩司

航空機事業部長
深井 浩司

すぐれた製品・サービスを社会へ

当社は世界で唯一、外洋での離着水が可能な水陸両用飛行艇の設計・製造メーカーです。

現在、US-1A型およびUS-2型救難飛行艇が海上自衛隊で運用されており、海上遭難者の救助や離島の救急患者の搬送に活躍しています。川西航空機からスタートした航空機事業は、戦中の「紫電改」、「二式飛行艇」等の傑作機をルーツとして、水陸両用飛行艇の開発・製造を戦後も継承し、現在に至っています。

航空機事業部の2016年度における売上比率は海外民間機73%、国内防衛省27%となっており、民間機製品(B777・B787等)が増産、防衛省製品は減少、という傾向が近年続いています。「技術と品質で世界の航空機メーカーへ」をスローガンに、技術と品質を拠り所に完成機メーカーに拘り、高い品質、サービス・付加価値の創造、売上・利益の増大を方針として掲げ、事業を推進してまいります。

具体的運営方針を以下に示します。

2017年度 航空機事業部運営方針

【大方針】

  • 経営インフラの強化:航空機設計製造会社への再出発、独自製品の創出、人材育成、生産能力・コスト競争力の強化
  • 飛行艇事業の拡大:インド事業具体化・飛行艇輸出完遂、新用途の国内需要発掘・機数増勢
  • 海外事業の拡大:製品群ランクアップ、ボーイング社との関係強化・エアバス社製品拡大

主要な国内製品

  • US-2型救難飛行艇
  • U-36A型訓練支援機
  • U-4型多様途支援機
  • その他防衛省機(P-1、C-2等)の協力生産

国内製品:US-2型救難飛行艇

「飛行艇」とは、飛行機と船の両方の特徴を持ち、陸上だけでなく海面にも着水できる飛行機のことです。当社が製造するUS-2型救難飛行艇は、海難事故の救助活動を目的に、防衛省海上自衛隊によって現在US-2が5機、US-1Aが1機運用され、前身となるUS-1から起算すると1,000回以上もの出動回数を誇っています。

国内製品:US-2

主要な海外製品

  • B787型航空機製品(主翼スパー)
  • B777X型航空機製品(翼胴フェアリング)
  • B777型航空機製品(翼胴フェアリング)
  • A330Neo/A330/A340/A380型航空機製品(フィレットフェアリング等)
  • E170/E190型航空機製品(フラップトラップフェアリング等)
  • G550型ビジネスジェット機製品(動翼、ドア等)
  • Global7000/Global8000型ビジネスジェット(外側フラップ、スポイラー、スラット)

海外製品:B787主翼スパー

ボーイング787型機は民間航空機として初めて機体重量の50%を超える複合材料を適用した機体です。当社は三菱重工業株式会社のもと複合材料を主体としてチタン合金製部品、アルミ合金製部品で構成される「主翼スパー」を製造しています。

海外製品:B787主翼スパー

製品メンテナンス:新明和岩国航空整備株式会社

新明和グループの新明和岩国航空整備株式会社は、US-1A型救難飛行艇、US-2型救難飛行艇、U-36A型訓練支援機および関連装備品に対する定期整備作業および計画外整備作業を行っています。
1996年10月に操業を開始して以来、整備技能の確立を図りつつ、US-2整備事業を新たに加え、2016年2月には定期検査通算600機を達成することができました。時代の要請に応え、更なる顧客への貢献ができるよう高い整備品質と効率性を追求していきます。