製品紹介

端子打機TRD401シリーズ

新明和 両端端子打機 TRD401シリーズは、
シール機を新たにラインアップに加え
「小ロット生産」「電線の細線化」にお応えします。

両端端子打機TRD401の写真

両端端子打機TRD401

両シール挿入両端端子打機TRD401WPAの写真

両シール挿入両端端子打機TRD401WPA

日々、進化と拡大を続ける自動車業界。車の電子化が進みハーネスの役割が増えるなか電線のダウンサイズ化のための細線化が大きな課題です。また、近年の自動車メーカーの生産計画に対応した、ハーネスの小ロット生産が世界の流れとなっています。
この課題を解決するのが新明和の両端端子打機TRD401シリーズです。
高度な品質管理をサポートする各種センサに加えターミナルクリンピングモニタを標準装備。生産性を高める「自動電線交換装置」「アプリケータ段取替え装置」をご用意しました。また、3連自動交換シールユニットを搭載したシール対応機をラインアップに加え、全世界のユーザーから支持を集めています。

自動電線交換装置

電線色やサイズの変更による煩わしい交換作業を自動化

次ロットの電線を生産中にセットすれば自動で電線を交換。従来の手動による電線交換に比べ1回の電線交換時間を1/6に短縮

機械停止→1.電線戻し 2.電線ホルダー切り替え 3.電線送り(1〜3この動作がすべて自動化)→運転開始

アプリケータ段取替え装置

機械の停止時間を大幅に短縮

次に使う端子とアプリケータを生産中にセット。スライドプレートにより交換作業をサポートします。

アプリケータ段取替え装置の写真
  • 自動電線交換装置、アプリケータ段取替え装置はオプションです。

標準仕様

TRD401 TRD401WPA
両端シール挿入機
TRD401WPSA
片端シール挿入機
最大加工能力 両端圧着 4,200(本/時) 両端圧着のみ 3,900(本/時)
両端シール挿入圧着 2,600(本/時)
両端圧着のみ 3,900(本/時)
片端シール挿入圧着 2,600(本/時)
条件 : 切断長さ 100(mm)、機械スピード設定最大
電線被覆外径/適用電線サイズ 標準 1.0-3.0(mm)/0.22-2.0(mm2
細線対応 0.8-2.0(mm)/0.13-0.8(mm2 細線、3mm2対応についてはお問い合わせください。
3mm2対応 1.5-4.0(mm)/0.5-3.0(mm2
切断長さ 60-20,000(mm)
ストリップ長さ
F側/R側共
0-17(mm)/設定 0.1(mm)単位
セミストリップ長さ
F側/R側共
1-25(mm)/設定 0.1(mm)単位 被覆ずらし長さは最大17mmです。
圧着機能力 24.5(kN)
圧着機ストローク 標準 30(mm)  オプション : 40(mm)可能
適用端子 板厚 (銅合金) 0.6(mm)以下を基準とする
最大長さ 標準 25(mm)以下
最大30(mm)まで設定可能、但し25~30(mm)では加工能力が低下します。
シール挿入ユニット適用シール 外径φ8mm×長さ12mm 以下 円形ゴム製※1
一次電源 AC 三相 200±20(V) 50/60(Hz)、 PC用電源 AC 単相 100V±14(V)
オプションの一次側変圧トランスには、PC用電源 単相 100Vサービスタップが付いています。
消費電力量 0.35(kWh) 0.41(kWh) 0.40(kWh)
電源ON時、起動時には瞬時電流が発生しますので、電源容量は3kVA以上を確保ください。
圧縮空気 圧力 0.5-0.7(MPa)
消費量※2 0.15(m3/min)(ANR) 0.25(m3/min)(ANR) 0.20(m3/min)(ANR)
パーツフィーダのエア消費を含む
操作画面 ディスプレイ 液晶モニタ
言語 日本語、英語、スペイン語、中国語、その他言語につきましてはご相談ください。
操作 マウス、キーボード
操作権限 5段階設定可能
クリンピングモニタ 新明和製ターミナルクリンピングモニタ 標準装備 波形表示は操作画面下部に表示されます。
使用環境 温度 10-40(℃)
湿度 RH 40-60(%)
質量 本体 890(kg)
オプション含む
940(kg)
オプション含む
920(kg)
オプション含む
電線スタッカ 2mタイプ : 150(kg)   3mタイプ : 180(kg)   5mタイプ : 230(kg)
パーツフィーダ 1台当たり25(kg)(台、パーツフィーダを含む)
補助線受け付PC台 30(kg)
その他標準装備 バッドワイヤチョッパ、層間紙巻取り装置、カウンタ付伸線機、端子有無・過負荷検出、電線ジョイントセンサ、電線有無センサ、電線過負荷センサ、先端ノズル一式
  • 電線とシールの組合せについては事前にご相談ください。
  • 空気の温度は0~30℃の範囲で供給してください。
    寒冷地ではエア中の水分が凍結する恐れがありますので、ドライヤーなどで水分を十分に除去してください。
    エア中のダストや油分などは、機械動作やエア機器の寿命に影響がありますので、フイルタやミストセパレータで十分に取り除いてください。

外形寸法図

TRD401、TRD401WPA、TRD401WPSA 共通です。

外形寸法図