端子打機TRD301シリーズ

TRD301WPA / TRD301WPSA

4連シール挿入両端端子打機 TRD301WPA(両端4連シールユニット搭載機)/TRD301WPSA(片端4連シールユニット搭載機)

片端シール/両端シール

片端シール

最大加工能力3,000本/h(片端シール挿入両端圧着加工:切断長100mm)

両端シール

最大加工能力2,800本/h(両端シール挿入圧着加工:切断長100mm)

TRD301WPAの写真
TRD301WPAの写真
  • 写真はオプション搭載機です。

新開発シール挿入ユニット

4連シールユニット

片側4種類、両側で合計8種類のシールを同時搭載可能です。シールの選択は運転データの設定により自動選択いたします。

シール挿入が大幅にスピードアップ

従来機(TRD111WPA)より43%スピードアップ。電線ガイドの機構をサーボモータ駆動にしたことにより、電線を挟むことなくサポートでき、さらに動作速度も大幅に向上しました。

ストック機構により安定した高速処理

本体内で挿入動作中に次のシールが送給されるストック機構により、エア搬送の遅れが機械処理速度に影響を殆ど与えず、安定した高速処理を実現します。

新開発シール挿入ユニットの写真

シール挿入動作図

シール挿入動作図