端子打機TRD301シリーズ

シリーズの特長(1)

シリーズ全機種に搭載された技術とノウハウ

最大加工能力が大幅に向上

両端圧着 4,500本/h

TRD301 両端圧着加工:切断長100mm

片端シール 3,000本/h

TRD301WPA 片端シール挿入両端圧着加工:切断長100mm

両端シール 2,800本/h

TRD301WPA 両端シール挿入圧着加工:切断長100mm

中間ストリップ 1,450本/h

TRD301MS 中間ストリップ両端圧着加工:切断長100mm 中間ストリップ1箇所

駆動ユニットに高精度なボールねじと最新のサーボモータユニットを搭載しました。また、カッタユニット、クランプ機構など極細線加工で実績のあるTR201Cの設計を継承し、高速化と高精度加工の両立を実現しています。

PCコントロール搭載

より見やすいグラフィカルな画面で視認性・操作性が向上しました。Windowsベースにより制御ソフトのバージョンアップ、カスタマイズなど汎用性が向上しております。

  • Windowsは米国Microsoft社の登録商標です。
PCコントロール画面

ステンレスカバー&ホワイト

電線、端子が触れる箇所の塗装を排除し、端子ガイド、電線受け皿などにステンレスを採用しました。塗装色は清潔感あるホワイトを基調にし、カバー部分にステンレスを多用しましたので、いつまでもきれいに使用していただけます。