オゾン層とフロン規制の話

オゾン層とフロン

オゾン層を破壊するフロン

フロンとは一般的な呼称であり、正式名称をフルオロカーボン(炭素とフッ素の化合物)といいます。この中でCFC(クロロフルオロカーボン:特定フロン)とHCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン:特定フロン)がオゾン層破壊物質(塩素を含む特定フロン)です。

HFC(ハイドロフルオロカーボン)のことを、一般的に代替フロンといい、塩素を含まないため、オゾン層を破壊することはありません。

オゾンは大変不安定な物質なので、太陽光の吸収によって自然に分解されます。しかし太陽光による分解はすぐに酸素原子と融合することにより、オゾンが生成されバランスが取れていました。しかしフロンに塩素が含まれている場合、紫外線によってフロンが破壊され放出された塩素は、繰り返しオゾンと結びつくため、オゾン生成の循環が追いつかなくなり、オゾン層破壊という結果になってしまいます。

オゾン層を破壊するフロン

オゾン層破壊の影響

成層圏(地上10km~50km)に存在するオゾン層は、太陽から発生する有害紫外線(波長280~320nm)を吸収し生命を保護する大切な役割を果たしてきました。
しかし、このオゾン層を冷凍空調機冷媒や工業用洗浄剤・発泡用ガスとして広く利用されていたCFC(クロロフルオロカーボン:特定フロン)等の人工的に作られた化学物質によって破壊されることが1970年代後半頃から指摘されはじめました。
オゾン層が破壊されると、有害紫外線による皮膚癌・白内障の発症率が上昇する他、葉緑素の破壊による光合成の減少やDNAへの影響等、生態系への重大な影響をもたらす恐れがあります。

地球温暖化防止とオゾン層保護

オゾン層破壊係数ゼロのHFC冷媒も大気放出することにより地球温暖化の原因になります。

地球温暖化防止とオゾン層保護

当社が2004年2月に発売を開始した“真空装置用 超低温冷却装置 「NeoCold®」RCTシリーズ”は自然冷媒冷凍機に比べると直接影響は大きいですが、自然冷媒冷凍機の消費電力によっては、製品トータルでの地球温暖化影響は小さくなります。