環境用語集

住民参加(環境アセスメントの)

(じゅうみんさんか)

解説

環境アセスメントに要求される最も重要な要素は「民主制」である。予測評価に係る情報は、その影響を受ける関係主体に伝えられ、関係主体の意見が事業や計画に反映されなければならない。関係主体の中心は、環境影響を受ける地域住民である。環境アセスメントのプロセスが進行する過程で作成される文書(方法書、準備書、評価書)は、その都度、住民等の関係主体に示して公告・縦覧・説明会という手続きを経る。住民からの意見は、各文書ごとに意見書として提出され、それをもとに計画の修正が行われるシステムになっている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」