環境用語集

自然環境保全基礎調査

(しぜんかんきょうほぜんきそちょうさ)

解説

みどりの国勢調査。自然環境保全法の第5条に基づき、国土の自然環境を総合的に把握し、自然環境保全施策を講ずるための基礎資料を得るための調査。1973年からおおむね5年ごとに実施されている。
 1)自然度調査(1973年)
 2)特定植物群落調査、動物分布調査等(78~79年)
 3)環境指標種調査、自然景観資源調査等(83~87年)
 4)巨樹、巨木林調査、生態系総合モニタリング調査等(88~92年)
 5)動植物分布調査、湿地調査等(93~98年)

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」