環境用語集

ゼロ・エミッション

(ぜろ・えみっしょん)

解説

産業活動により発生する環境汚染物質、廃棄物、排熱など、すべての排出物を可能な限り最小化しようという環境運動。1990年代初期に国連大学が提唱した。企業自らによる排出物の抑制に加えて、A工場の廃棄物をB工場の原料に、B工場の廃棄物をC工場の原料にというように、他企業による再利用をうまく組み合わせようとしている点が特徴である。環境省、経済産業省により推進施策が実施されている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」