環境用語集

産業廃棄物

(さんぎょうはいきぶつ)

解説

一般には産業活動に伴って生じた廃棄物のことであるが、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類など19種類が廃棄物の処理および清掃に関する法律で定められ、排出事業者に処理の責任を義務づけている。この定義に該当しない廃棄物(例えばオフィスごみ)は一般廃棄物となる。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」