環境用語集

最大着地濃度

(さいだいちゃくちのうど)

解説

排出された汚染物質が地上に到着するときの最大濃度で、大気拡散式のサットン(Sutton)式によれば、次の式で示される。
最大着地濃度 Cmax = Cz / Cy
Cy = 0.234 × q × 106
Cz = u × He2
q:汚染質排出量(m3/S) u:平均風速(m/S) He:有効煙突高(m)
また、この最大着地濃度が出現する風下距離は、次式で示される。
最大着地濃度距離 Xm = He/Cz2/2n  n:拡散パラメーター

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」