環境用語集

ローカルアジェンダ

(ろーかるあじぇんだ)

解説

持続可能な開発に向けた地方公共団体の行動計画のこと。1992年の地球サミットで採択されたアジェンダ21において、地方公共団体が地球環境問題の解決に密接に関わっていることから、1996年までに各国の地方自治体の大半が「ローカルアジェンダ21」について合意を形成すべきであるとしている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」