環境用語集

温室効果ガス

(おんしつこうかがす)

解説

地球上の大気は、日射はほとんど透過するが、地表からの赤外放射はその多くの部分を吸収して地球を保温する働きがある。これを温室効果という。地球大気の主成分であるN2とO2は、赤外放射に対して透明でこの働きがないが、CO2、水蒸気その他の微量成分(メタン、フロン、一酸化二窒素(N2O)、オゾンなど)はこの機能をもつ。CO2、その他のガスの人為的排出による温室効果による気温改変が、地球環境上大きな問題となっている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」