環境用語集

濃度規制

(のうどきせい)

解説

排出口における汚染物質の濃度(mg/Nm3,mg/l)を規制する方式。大気汚染防止法においては、ばいじん、有害物質(窒素酸化物など5物質)、水質汚濁防止法においては、有害物質(カドミウムなど11物質)、生活環境項目(BODなど16物質)について排出および排水基準を定め、その基準を遵守させる濃度規制が定められている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」