環境用語集

京都議定書

(きょうとぎていしょ)

解説

1997年12月に京都で開催された、気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)において採択され、2000年以降の先進各国における温室効果ガスの削減目標や国際制度について定めている。日本においては2008~2012年の間に、温室効果ガスを1990年比で6%削減することが求められている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」