環境用語集

建設作業騒音(振動)

(けんせつさぎょうそうおん)

解説

建設作業(工事)によって発生している騒音(振動)。道路や建物の建設作業に伴う騒音は非常に大きく、機械から30mはなれた位置で75~90dBのものが多い。騒音(振動)の規制は、それぞれの規制法に定められたものについて敷地境界線で基準値以下および作業時間の定めがある。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」