ボーイング社「787」派生型機向け主翼スパーを初出荷

- ボーイング社から記念品の贈呈を受ける -

新明和工業株式会社(取締役社長 大西 良弘)は、2012年12月6日(木)、ボーイング社の中型航空機「787」派生型機向け主翼スパー(桁)を三菱重工業株式会社に初出荷しました。

今般出荷した主翼スパーを搭載する派生型機は、運行コストの低減や快適性等に秀でた最新鋭機「787」の胴体を延長したタイプで、今後、世界のエアラインが主力シリーズとして採用を予定している機体です。

2012年12月24日(月)、ボーイング社の「787」派生型機開発担当副社長のマーク ジェンクス氏の意向を受けた同社 アジア担当駐在役員 トロイ キム氏が来社され、初出荷を記念した盾と模型の贈呈を受けました。これは、非常にタイトな開発スケジュールのもと改良開発作業に取り組み、納入日程を厳守するとともに信頼性の高い製品を創出したことについて評価いただいたものです。

これからも高品質なモノづくりに努めるとともに、各種改善活動を積み重ねて更なる生産性向上に取り組み、顧客の期待に応えるビジネスパートナーとして民間航空機産業の一翼を担ってまいります。

ボーイング社アジア担当駐在役員 トロイ キム氏(左)から盾の贈呈を受ける当社取締役 常務執行役員 航空機事業部長 石丸寛二

ボーイング社アジア担当駐在役員 トロイ キム氏(左)から盾の贈呈を受ける
当社取締役 常務執行役員 航空機事業部長 石丸寛二

本件に関するお問い合わせ先

〒665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社 社長室 広報・IRグループ
TEL:0798-56-5002
E-mail:pr@shinmaywa.co.jp

以上