使用済み商用車架装物リサイクルへの取り組み

2005年から自動車リサイクル法が本格施行され、乗用車、商用車(キャブ付シャシ部分)と一部の架装物が自動車リサイクル法の対象になり、リサイクルに向けての運用が開始されています。

当社の特装車部門の主力製品であるダンプトラック、トラックミキサ、タンクローリ、脱着ボデー車、塵芥車、テールゲートリフタなどの架装物は自動車リサイクル法の対象外ですが、当社は一般社団法人日本自動車車体工業会の一員として、同工業会の「商用車架装物のリサイクルに関する自主的取り組み」を基本とし、使用済み商用車架装物のリサイクルに積極的に取り組んできました。その結果、当社の特装車架装物は同工業会が定める環境負荷物質自主取り組み基準(鉛、水銀、六価クロム、カドミウムの使用制限)を満たしています。

一般社団法人日本自動車車体工業会における全般的な取り組み((一社)日本自動車車体工業会)

「3R判断基準ガイドライン」[PDF/1.13MB]

解体マニュアル

中古特装車の再使用事業

2004年度から、商用車架装物リサイクルの取り組みとして中古特装車の再使用事業を立ち上げています。

新明和の中古車販売