納入事例

災害による水没時にも対応

納入地:埼玉県蓮田市
施設名:駒崎・井沼農業集落排水処理場
処理方式:オキシデーションディッチ方式
処理人口:1,870人

立軸槽外型(水陸兼用ポンプ)で災害による水没時にも対応

ライフサイクルコストを削減し、施設設計の自由度がアップしました。

『汚水処理施設における低コスト化技術』で紹介されました。
返送汚泥ポンプの簡素化による縮減 | JARUS 一般財団法人地域環境資源センター

入替事例

下水処理場の場合

農業集落排水の場合

仕様

口径 65mm
出力 1.5kW
納入台数 3台

用途

汚泥引抜き用

製品に関するお問い合わせ

本製品に関するお問い合わせ・カタログのご請求はお問い合わせフォームからお願いいたします。