製品紹介

イオンインプラント装置

技術情報

イオンインプラント装置とは

イオンを基材に打ち込むことにより、形状変化を伴わない表面改質が可能な、新たな表面処理技術です。
硬度の上昇や潤滑性などの特性を付加することができ、耐磨耗性・耐熱性の向上を実現できます。

イオンインプラント装置の写真

イオンインプラント装置の用途

  1. TiB2(ニホウ化チタン)
    導電性と耐食性を併せ持ち、HV2700という高硬度を示す
  2. MoS2(二硫化モリブデン)
    摩擦係数が低く、潤滑性を有することから、固形潤滑材に用いられる
  3. ZrB2(ニホウ化ジルコニウム)
    硬質材、耐熱材として優れ、特に鉄鋼関係の耐火材として機能を発揮
  4. hBN(六方晶窒化ホウ素)→cBN(立方晶窒化ホウ素)
    ダイヤモンドに次ぐ硬さを持ち、ダイヤモンドよりも熱に強い性質を有する

イオンインプラント装置の特長

塗装鋼板の曲げ金型に採用され、歩留りの向上、金型のメンテナンス回数の減少を達成し、製造効率の向上に貢献させて頂いております。
他、金型、パンチなどへの実績もございます。

標準仕様

ターゲット
TiB2 ニホウ化チタン
ZrB2 ニホウ化ジルコニウム
hBN 六方晶窒化ホウ素
有効コーティング面積
100×550mm
キャリアガス
Ar,N2,Xe,Kr

受託処理

薄膜・表面改質事業ではイオンプラントの装置販売だけでなく、受託処理も行っております。
「耐摩耗性」「耐熱性」等用途は様々です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

カタログダウンロード

公開準備中

製品に関するお問い合わせ

新明和工業株式会社産機システム事業部PB部

TEL : (0798)-54-1880

FAX : (0798)-54-1805

兵庫県宝塚市新明和町1-1