エレパーク®

地震に強いエレパーク®

製品データ
ダウンロード

ELEPARK®

"地震に強い新明和"を、これまで以上に追求しました。

鉄骨にやさしい低重心設計

阪神・淡路大震災など、さまざまな災害を経験し、"揺れ"対策を講じてきた新明和。いま東日本大震災に直面し、「安全対策に限りはない」という想いを新たに、さらなる耐震性の向上を目指しました。それが鉄骨への負荷を軽減する低重心設計。昇降駆動部を下部へ設置し、機械室を廃止。加えてカウンターウエイトの軽量化を図りました。この新構成の鉄骨は、30台収容の駐車設備の場合、従来に比べて上下方向の加速度が10~20%低くなるという解析結果を得ています。

カウンターウエイトの地震対策を強化

エレベータフレームの軽量化により、カウンターウエイトの軽量化も実現。地震時のカウンターウェイトから発生する衝撃荷重を軽減しました。ガイドレールについては従来に比べて変形防止の対策を施し、これによりカウンターウェイト・ガイドレールの設計用水平震度は0.6から2.0へアップしています。

さらに強化したパレット落下防止装置

エレベータ方式駐車設備で最も怖いのが地震の揺れによる“パレットの落下”です。エレパーク®Fは、これまでの固定式落下防止機構の基本コンセプトである「回転ヒンジを使用しない」という設計思想を残しつつ、上下スライド式ストッパーを採用。従来の機構では限界であったストッパ係り代寸法を7mmから15mmに倍増。さらに解析結果から得られた上下動への対策として、浮き上がり防止機構を標準装備しました。加えて、パレットとストッパーのガタツキを抑制し衝撃力を低減。ストッパー部の設計用水平震度をこれまでの倍の1.0から2.0として設計しました。

独自のパレットロック機構

車両の載ったパレットを前後左右からがっちり保持する、独自のパレットロック機構(特許登録済み)を搭載。地震の激しい揺れに強く、これまでの2倍の揺れに耐える構造としています。

感震装置を標準装備

震度5以上を計測した場合、機械を緊急停止して二次災害を防止します。(停電時にも感知します。)

製品に関するお問い合わせ

新明和工業株式会社パーキングシステム事業部営業本部

TEL : (03)3842-6101

FAX : (03)3842-6102

〒110-0005東京都台東区上野7-12-14
  • 北海道

    TEL : (011)643-4461

    FAX : (011)643-9643

    〒063-0801札幌市西区二十四軒一条7-2-39
  • 東北

    TEL : (022)298-1810

    FAX : (022)296-5032

    〒984-0051仙台市若林区新寺1-7-21
  • 中部

    TEL : (052)678-3884

    FAX : (052)678-3888

    〒456-0018名古屋市熱田区新尾頭1-8-9
  • 関西

    TEL : (06)4803-0900

    FAX : (06)4803-0905

    〒530-0005大阪市北区中之島3-2-18
  • 中国・四国

    TEL : (082)285-5430

    FAX : (082)285-3470

    〒734-0023広島市南区東雲本町2-21-26
  • 九州

    TEL : (092)472-4070

    FAX : (092)472-0589

    〒812-0007福岡市博多区東比恵2-20-3