経営方針

トップメッセージ

2017年4月に五十川龍之が社長に就任

取締役社長 五十川龍之

新明和グループが目指す姿

お客さまに求められる製品・サービスを提供することで永続的に社会に貢献していくことこそが、当社グループの使命であると考えています。
こうした使命を果たすためにも、収益基盤をより強固なものとし、事業活動による収益性を高めることで、発展の礎となる将来に向けた投資につなげていく所存です。

取り組むべき課題

航空機や特装車をはじめとする基盤事業における製品・サービス力を引き続き強化していきます。基本は、お客さまのニーズの本質を掴み、それに適合する製品・サービスを提供することで、市場で認められることだと考えています。また、新明和グループの多くの事業分野で、「製品を売る」だけではなく、製品を安心して使い続けていただく質の高い「アフターサービス」を提供できる体制があります。常にお客さまの声に耳を傾け、お客さまのニーズに応える製品開発等のソリューションにより、買い替え時には、再び選択していただけるベースになるものであり、当社グループの強みです。製造、販売、アフターサービスに関わる各部門の連携をより強化して、この強みを最大限生かしていくことに取り組んでいきます。

さらなる成長に向けて

当社グループには、70年近くにわたり脈々と受け継ぎ、発展させてきた事業があります。これを更に発展させることに注力するとともに、基盤として持つ技術をベースに、海外市場への製品展開や新事業の創出にも取り組んでまいります。
そして、当社グループが社会にとってかけがえのない存在となることで、株主の皆様に対する継続した還元につなげていきたいと考えています。
ぜひともご期待をいただくとともに、引き続き、温かいご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

取締役社長 五十川龍之