環境用語集

環境容量

(かんきょうようりょう)

解説

生態系や人間の生活環境を悪化させずに、人間生活が維持できる環境を保障するための人間活動の許容量を指す。環境容量を具体的に測る指標についてはまだ定説はなく、国連、OECDなどの国際機関から地方自治体までさまざまな機関で、その評価の手法の検討、開発が行われている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」