環境用語集

活性汚泥法

(かっせいおでいほう)

解説

好気性微生物を利用して有機物を分解する最も代表的な排水処理法。汚水に長時間空気を吹き込んで、そのばっ気を停止し、静置すると、凝集した褐色の泥状物が沈降する。この褐色の泥状物は汚水中の有機物や窒素・燐などを栄養源として発生した好気性の細菌類・原生動物などで、ちょうど水に泥を溶かしたように見えることから、活きている泥-活性汚泥という。この汚泥を人為的に汚水に加え、ばっ気、沈殿を連続化した処理法を活性汚泥法という。長い歴史をもち、改良が進んでいることおよび汚水中の有機物の除去率が高いことなどにより都市下水や生活排水、有機系工場排水の処理に広く利用されている。

出典:環境省総合環境政策局環境影響評価課 環境影響評価情報支援ネットワーク「環境アセスメント用語集」