広がる「US-2」の可能性

旅客輸送飛行艇

US-2は極短距離で離着水できる能力を有しているため、旅客輸送飛行艇として運用する場合、陸上滑走路がなくても対応可能です。従って、環境に配慮した離島航空路を設置することができます。

東京ー小笠原(父島)間の旅客輸送構想

東京から小笠原間 距離:約1000km 飛行時間:片道約2.5時間 船舶:片道約25.5時間

約1,000kmの距離を、片道約2.5時間で飛行。 丸一日を要する船舶輸送とくらべて、時間を 約1/10短縮することができます。

揚陸用施設のイメージ図

US-2は最小限の揚陸用施設があれば運用可能です。

揚陸用施設のイメージ図