最新鋭機「US-2」の能力

8年間にも及ぶ改造開発により完成した「US-2」。その主な能力をご紹介しましょう。

US-2の主要諸元

項目 諸元
全長 33.3m
全幅 33.2m
全高 9.8m
エンジン Rolls-Royce AE2100J×4基
プロペラ Dowty R414
最大離陸重量/距離 47.7t / 490m
最大着陸重量/距離 47.7t / 1,500m
最大離水重量/距離 43.0t / 280m
最大着水重量/距離 43.0t / 330m
航続距離 4,700km以上
巡航高度 9,000m以上
巡航速度 480km/h以上
最大速度 580km/h以上
全幅33.2m
全高9.8m
全長33.3m

極低速での離着水

BLC(Boundary Layer Control:境界層制御)と呼ばれる動力式高揚力装置を、世界で唯一実用化。約90km/hという極低速での飛行、極短距離での離着水を実現しました。

高い耐波性を実現

独自の溝型波消し装置とスプレー・ストリップにより、着水時の機体損傷を防ぐ「高耐波性」を実現しました。極低速飛行技術とあわせて、3mクラスの波高での離着水も可能です。

溝型波消し装置とスプレー・ストリップ

①溝型波消し装置

②スプレー・ストリップ