新型旅客機「777X」向け翼胴フェアリング 初号機を出荷

新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市、社長:五十川 龍之)は、2018年4月4日(水)、航空機事業部 宝塚分工場から、ボーイング社の新型旅客機「777X」向け翼胴フェアリング初号機を出荷しました。

当社は、現在就航している全ての「777」向けに翼胴フェアリングを製造しており、「777X」プログラムでも同部位の製造を担当しています。同プログラムでは、これまでの実績が評価され、当社として初めてTier1(1次下請け)に認定されました。これを受け、新たに兵庫県小野市の播磨分工場を生産拠点に加え、金属部品の加工は播磨分工場で、複合材料の加工は甲南工場(兵庫県神戸市)で分担製造した後、宝塚分工場(兵庫県宝塚市)にてこれらを集約して最終組み立てを行うことで、さらなる品質および生産性の向上、並びに生産能力の拡大を図りました。

なお、初号機出荷を記念して執り行った納入式には、ボーイング社「777X」胴体設計部門ディレクター カルデロン(Mr. Dominic Calderone)氏、同社 購買部門ディレクター ウィーバー(Mr. Paul Weaver)氏をはじめ、当社関係者を含む約100名が参列しました。

当社は、この「777X」を基幹事業の一つと位置づけており、設計・製造両面において自己研鑽に努めることでお客様の信頼をより盤石なものとし、民間機事業のさらなる発展を志向してまいります。

【播磨分工場概要】
航空機事業部 播磨分工場
所在地:兵庫県小野市匠台30
工場開設:2016年10月
主要設備:機械加工設備、表面処理・塗装設備

777X WTBF 1st Delivery Ceremony
777X WTBF 1st Delivery Ceremony4月4日に宝塚分工場で執り行った「777X」翼胴フェアリング 初号機納入式

本件に関するお問い合わせ先

〒665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社 社長室 秘書・広報グループ
TEL:0798-56-5002
E-mail:pr@shinmaywa.co.jp

以上