「ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」受賞セレモニーを開催

- 「主要構造」部門での2年連続受賞にボーイング社の関係者が祝辞 -

新明和工業株式会社(取締役社長 大西 良弘)は、4月22日(水)、「2014年度 ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」の受賞を記念したセレモニーを、甲南工場(神戸市)及び宝塚分工場(兵庫県宝塚市)で開催しました。

「ボーイング・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」とは、世界中のボーイング社のサプライヤー約13,000社のうち、品質や納期順守、価格等について特に優れているとボーイング社に認められたサプライヤーに贈られる大変名誉な賞で、今年は当社を含めて14社と1大学が受賞しました。

当社は、昨年初めて同賞を受賞しており、「主要構造(Major Structure)」部門では2年連続の受賞となり、生産拠点である甲南工場と宝塚分工場で行ったセレモニーには、ボーイング社からジョージ L.マフェオ氏(ボーイング ジャパン社長)、ジェフリー K.ハンレー氏(ボーイング社 民間航空機部門サプライヤー・マネージメント・ディレクター)にご臨席いただき、当社関係者総勢約400名が出席しました。

セレモニーで挨拶に立ったマフェオ氏は「2年連続で選出されるというのは、これまでに達成できたのがほんの数社に限られる稀なことであり、素晴らしい功績」と語り、当社の偉業を称え、当社 取締役専務執行役員の石丸寛二が「2年連続受賞に満足することなく、改善活動をスパイラルアップし、ボーイング社の期待と信頼に応え続ける」と今後の意気込みを伝えました。

当社は、ボーイング社「777」向け翼胴フェアリング及び「787」向け主翼スパーの設計・生産等を担当しています。これらにおいて、品質・納期・コストにおけるパフォーマンスをより向上させることで、お客さまの期待に応えるモノづくりを継続するとともに、独自技術をさらに発展させ、航空機産業の一翼を担ってまいります。

甲南工場

甲南工場

宝塚分工場

宝塚分工場

本件に関するお問い合わせ先

〒665-8550
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社 社長室 秘書・広報グループ
TEL:0798-56-5002
E-mail:pr@shinmaywa.co.jp

以上